大阪航空は、大阪府八尾空港にある航空会社です。操縦訓練や遊覧飛行を通じて新しい航空事業を目指してまいります。

大阪航空株式会社
フェイスブック右上

ヘリコプター訓練コース

  1. >
  2. >
ヘリコプターパイロットの訓練

私たち大阪航空㈱は40年以上にわたって八尾空港(大阪府)で操縦訓練を行ってまいりました。

卒業生は500名以上に上り、多くの卒業生がプロ・パイロットとして活躍しています。

私たちが提案する操縦訓練は、安易に海外訓練に頼るのではなく、国内訓練を中心に経済的・効率的な観点からタービン限定取得訓練など、一部に海外訓練を導入するものです。従って、ほとんどの訓練を国内で行うため、高レベルの操縦教育を初めから日本で受けることができます。もちろんそれを容易にするために、訓練費を安価に抑える努力も私たちは惜しみません。

また、操縦教育の要は教官です。ヘリコプター訓練の教官は、警察航空隊の隊長を務めるなど、長年にわたり現場を経験している他、教育者としても長年の経験を有します。官民を問わず、現場が求めるパイロットにあなたを育てます。

国内訓練は仕事や学校と並行しながら進めることが可能です。私たちはあなたのライフスタイルや希望に合わせた操縦訓練を提案させていただきますので、ぜひご希望をお聞かせください。お問合せをお待ちしております。

官公庁パイロットを目指す

海上保安庁は、すでに事業用ライセンスを所持しているパイロットの定期募集(現在年2 回)を行っています。従来、官公庁は内部選抜・内部養成を主に行ってきましたが、現在では自衛隊を除くほとんどの官公庁が、すでにライセンスをお持ちの方を対象とした募集に採用方法を切り替えております。

官公庁操縦士 対応コース
海外訓練と国内訓練を組み合わせて、または国内訓練のみでも行うことができます。官公庁の操縦士を目指す場合、一般的には日本の事業用操縦士免許を所持していることが条件となります。また、単発タービン限定も必須条件となりますので、詳しくはご相談ください。

使用事業などの民間ヘリコプター運航会社パイロット

ヘリコプターを運航する使用事業会社や新聞社のパイロット、航空機メーカーのパイロットなど、現在では多くの分野でパイロットの募集が行われております。

民間運航会社 対応コース
海外訓練と国内訓練を組み合わせて、または国内訓練のみでも行うことができます。民間運航会社の操縦士を目指す場合、一般的には日本の事業用操縦士免許を所持していることが条件となります。また、単発タービン限定も必須条件となりますので、詳しくはご相談ください。
内部養成 対応コース
海外訓練、または国内訓練でも行うことができます。警察や消防など、一部の官公庁では、現在でもパイロットの内部養成を行うところがあります。しかし、その場合でも自家用ライセンス所持者が選抜されるケースが多く、自家用ライセンス取得後、内部選抜を行う機関に一般の警察官や消防士として採用された後、内部の選抜試験にチャレンジします。また、この場合でも単発タービン限定をお持ちであることが必要です。内部養成を目指すことは高リスクですが、可能性は残されています。

募集一例

各警察航空隊、各消防航空隊、海上保安庁、国土交通省航空局、その他、使用事業各社

ヘリ 自家用訓練コース費用 一例

自家用訓練コースにご参加いただくためには、操縦練習許可書の取得が必要です。また、訓練期間中に自家用操縦士学科試験と特殊無線技士または航空無線通信士の無線資格を取得する必要があります。詳しくは、ライセンスQ&Aをご覧ください。

ロビンソンR22(陸上単発ピストン)コース
項   目 単   価数   量費   用
入会金(卒業生免除) ¥150,0001回¥150,000
飛行訓練費 ¥69,00080時間¥5,520,000
座学訓練費 ¥3,00050時間¥150,000
小   計 - -¥5,820,000
消費税 - ¥465,600
合   計 --¥6,285,600

*上記訓練時間は標準シラバスの内容を表示しています。訓練には個人差がありますので、上記訓練費はライセンス取得を保証するものではありません。

ヘリ 事業用訓練コース費用 一例

事業用訓練コースにご参加いただくには、以下の条件が必要です。条件に満たない場合やご不明な場合はご相談ください。

  • JCAB自家用操縦士技能証明(陸上単発ピストンまたはタービン限定)を所持、または取得見込みの方
  • 航空無線通信士または航空特殊無線技士免許を所持、または取得見込みの方
  • 有効な第2種航空身体検査証明を所持または取得見込みの方で、第1種航空身体検査基準に合格できる身体条件の方。
  • 事業用操縦士学科試験に合格、または訓練期間中に合格見込みの方。
  • 総飛行時間が80時間以上。
  • 機長飛行時間35時間以上(飛行機の単独飛行時間を含めてよい)。
  • 機長として出発地から300km以上の飛行で、中間で2回以上の生地着陸を含む野外飛行。
  • 夜間飛行時間5時間以上、および機長として夜間の5回の離陸と着陸経験。
ロビンソンR22(陸上単発ピストン)コース
項   目 単   価数   量費   用
入会金(卒業生免除) ¥150,0001回¥150,000
飛行訓練費 ¥69,00070時間¥4,830,000
座学訓練費 ¥3,00050時間¥150,000
小   計 - -¥5,130,000
消費税 - ¥410,400
合   計 --¥5,540,400

*上記訓練時間は標準シラバスの内容を表示しています。訓練には個人差がありますので、上記訓練費はライセンス取得を保証するものではありません。

問い合わせpict

← トップへ戻る